環境差異を吸収する方法

環境差異を吸収する方法 – maru.cc@はてな

開発環境や本番環境で設定を変えたいというのはよくあることです。URLとか。DBとか。

Apacheの環境変数で設定

httpd.confレベルで、 ディレクティブで設定


SetEnv SERVER_STATUS release

バッチ起動時に環境変数で設定

$ export SERVER_STATUS=’release’ && cmmand

Apache側で環境変数を足しちゃうという発想は無かったです。これはいいですねー。CLIでもそちらに合わせて、
$ export SERVER_STATUS='release' && cmmand
としています。これは早速取り入れるしかっ

タイトルとURLをコピーしました